やぁ、自粛中の中いかがお過ごしだろうか。自分はいつもと変わらず、自重トレーニングに励み食生活の中で高たんぱく、低脂質糖質を意識して維持に努めている。

が、どうしても夜にお酒を止められなくなってしまったり。夜食を得るようになってしまったがためにちょっとだらしないなと。今一度生活を改めているところである。いやー人間弱いな!

油断したらすぐボロが出てしまう。くぅ…くやしい。

さて、本題に入ろう。自分もなのだが、家でじっとしていろ!というのはなかなか難しく、思いの外自由に遊びに行ける場所があると我慢するのも限界が来てしまうと思う。

そうすると深夜まで起きてぼーっと過ごしてしまったり。お酒や食事なんかもしてしまってなんだか、夜型人間に自然となってしまうのではなかろうか。

自分がそうなってしまったんだけどもね、流石にだらしない!(と思う)

必要なときに戻せるのなら良いとは思うけれども、自分はそのままダラダラと一生出来る人なので。元に戻そう!と決めたときには実行しないとダメ。本当にあかん。なので戻しちゃいましょう。

昼夜逆転を治す方法その1

徹夜する。

王道中の王道。健康的なのかはさておき、みんなもやったことあるのではなかろうか?

成功した暁には夜はぐっすり。朝はバッチリ起きれること間違いなし。

デメリットは睡魔に負けたとき、もう一度起き続けなければならない。それだけは勘弁してくれ。俺に効く。

起き続ける方法として以下が挙げられる。

仮眠を取る。

多くても1時間。必ずアラームなどをセットして全力で起きること。さもなくばリスタートが待っている。

おすすめは15分前後。そして、仮眠を取る前にコーヒーなどのカフェインを摂取しているとなんだかスッと起きれる。気がするのでオススメ。

カフェインを取る。

コーヒーや緑茶に多く含まれているので好きな方から適度に取ろう。取っても眠いときは眠いから仮眠も挟んで、1日乗り越えたら治ることを信じよう。きっと大丈夫。

昼夜逆転を治す方法その2

散歩をする。

何故深夜型になってしまうのか。夜は眠くなり、朝日が登れば起きるように、人間は元からセットされていたはずである。

いつの日か夜遅くまで、あるいは遊び、仕事をしていくうちに。起きる時間がどんどんと遅れてしまう。そうするとどうなるか?

日を浴びる時間や、外で行動する時間も減っていってしまう。そうなると体力はありあまり。日を浴びれないことによって体内時計もリセットされず、1日の始まりを掴めず。1日を終わりも感じづらくなってしまう。

というサイクルが始まって、昼夜逆転する。(と思う)

このご時世に散歩というのもなかなかリスクがあると思うが、その前に家で自粛して体調を別のことで崩してしまう方がよろしくないと思う。

もちろんマスクなど、帰ってきたら手洗いうがいもきちんとしよう。未然に防いでリスクは限りなく低くする。

そして、何時に起きても(お日様が出ている時間なら)外に出て、歩こう。

10分15分も歩けば、体もこころなしかポカポカしてくるし。なんだかスッキリしたのを感じられると思う。

騙されたと思って散歩も試して欲しい。

昼夜逆転を治す方法その3

筋トレを始める。

基礎代謝量上げちまおうぜ!!って話ですよ。まぁ、やっててもなっちゃったんだけどね。

とはいえ、全く何もしてない人から始めるのであれば成果は段違いだと思う。絶対その日は夜に睡魔が襲い、間違いなく素晴らしく目覚めの良い朝が来ると思う。

どんな種目でもいい。腕立て、腹筋、スクワット。出来そうなのを適度な汗が出るまでやってしまおう。

自分のオススメはスクワット。場所も取らずに、ほとんどの人の伸びしろがめちゃくちゃある。

フォームも気にせず。もう無理!ってくらいまで追い込めたらOK。終わればこれも間違いなく、スッキリした、いい汗かいた!と思えるはず。

治す方法をまとめよう。

・起き続けてリズムを無理やり整える

・散歩をして、日を浴びて体内時計をリセットする

・筋トレをして心地よい疲労感を得る

以上!今日きちんと起き続けて、散歩をし。筋トレを終えた自分。治ると良いね。