「ジョーカー」 を観ました! 傑作には間違いない、 しかし手放しに褒めるのはためらってしまう。 そんな、良心を試される映画です。 10点満点中 9点 「ジョーカー」の予告編・あらすじ 「ジョーカー」のキャスト 「ジョーカー」のネタバレあり感想・考察 映画『ジョーカー(Joker)』が面白い。あらすじ・ネタバレ感想・テーマ考察. 映画『ジョーカー』ネタバレ感想・考察・解説を書いています!「ジョーカー」はダークナイトにも登場したヴィラン・ジョーカーの誕生の理由や過去が描かれた作品です。だれもが彼になりうるかもしれない...と感じさせられた作品でした。 そういう意味で主人公の行動には全く共感できない。 バットマンの宿敵ジョーカー、その単独映画が2019年10月4日に公開されました。謎に満ちたこのヴィランのオリジンを描く『ジョーカー』は、いったいどんな作品なのでしょうか。あらすじやキャストから本作の評価、これまでのジョーカーとの違いなどネタバレありで解説をお届けします! しかしそれでクスリともさせられなかったあたり失敗作、または凡作と言っていいかと。, 悪役が主役でこういう映画が出てきたらいよいよヒーロー映画の作り方も変えていかないといけない。 『バットマン:キリングジョーク』はジョーカーの現在と過去、2つのストーリーが交互に語られる。 注意 ここから先は作品のネタバレがある。未見の方はご注意願う。 ジョーカーの過去編. ネタバレありで感想と解説を始めます あらすじ DCコミック映画に新たな風を吹かせるか? 映画の感想 単なるアメコミ映画にあらず ジョーカーになった真の理由とは?ー悲劇王ジョーカーと喜劇王チャップリンの対比ー ジョーカーに共通しているのは、サイコパスで、バットマンを殺すことが目的なのではなく、舞台となるゴッサムシティの人々を恐怖に陥れることこそを目的としていること. しかしそれはジョーカー自身にも言えることです。 主演の演技は素晴らしい。 二人が表裏一体として扱われるのは公式の見解ですが、社会の荒みようが救われない人間を連鎖的に産み出している、とも解釈できます。 「メシアの生誕!!」か、そしてラスト、それまでずっと薄暗かった画面が ジョーカー スタッフ&キャスト あらすじ【ネタばれあり】』ジョーカーと言えばアメコミの代表的な作品「バットマン」シリーズの悪役ですが、「ダークナイト」以来、何かと複雑でカリスマ性のある悪役として人気を博しています。そんな中、ジョーカ 映画「レディジョーカー」観ました! なかなか難しい映画でしたね^^ とりあえず、あらすじ(ネタバレ)と感想を 書かせて頂きます。 主演を務める、渡哲也さん(物井清三)の お兄さん(物井清二)は、 日之出ビールに就職したがクビになり、 ところどころで本来のイケメンぶりが出てしまう事でリアリティを感じるシーンもあった。 この映画前後でジョーカーのような立場の人が事件を起こすことが多々あり、社会的な問題を見事にとらえた作品だと思います。 主役ジョーカーには、数々の映画賞を受賞しているホアキン・フェニックス。 彼は2008年に突如俳優を引退し、ラッパーになると宣言し、数々の奇行を繰り広げたのですが、引退後の彼に密着したドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』を2010年に突然発表。なんと、全てがフェイクで、壮大な悪戯だったことを明かして、ハリウッドから相当な批判を浴びたお騒がせセレブでもあります。 その後は持ち前の演技力で、映画界に見事に復帰していますが、複雑な内面を持った、孤独な魂を持っ … ここでは、映画『ジョーカー』の監督、トッド・フィリップス監督についてご紹介してまいります。 ニューヨーク大学で映画を学んで、在学中にパンクロッカーのGGアリンをテーマとしたドキュメンタリー映画『全身ハードコア GGアリン』を監督したことで、成功を収めていらっしゃる方ですね。 日本では殆どの作品は公開・DVDなどもリリースされていないです。 この映画『ジョーカー』ではかなり地名度がアップしそうですね。 スポンサーリンク 舞台は、バットマンがその活動を開始する以前のゴッサム・シティ。アーサー・フレックは、街の片隅で大道芸人として生きる冴えない男。そんな彼を支えていたのは、母が幼少期よりアーサーに言い続けた、「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉。母の願いを叶えようと、常にピエロの扮装で笑顔を携え必死に生きてきたアーサー。しかし、そんなアーサーに世界は優しくなかった。アーサーを恫喝しては金を奪い取っていく若者達。それでも必死に前を向いて生きてきたアーサーだ… 不幸のどん底にある主人公が悪のカリスマと化す話はいくつもあるけど どうも、こんにちは。ズバ男です! この記事は映画『ジョーカー』をネタバレなしで紹介するものです。 この映画の自己評価は4.5点(5点満点)です。 共感するところもあまりなく感動するシーンもなかったが、これほどまでに心揺さぶられる映画はなかなかありません! 精神疾患や虐待の上の障害、銃に富裕層の傲慢さとアメリカの暗部が この映画では見向きもされなかった障害持ちの貧困男性がやがて誰もが知っている狂気の体現者ジョーカーになる過程を丁寧に描いていますが、その過程は非常に説得力のある描写でした。ヒトラーしかりビンラディンしかり麻原彰晃しかりそしてジョーカーしかり悪の権化というのは本人の力のみならず不満を持つ人々が祭り上げるものだと感じさせます。 そうさせるだけの説得力がある革命的な作品。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. ただし、これが何を意味するのかは私には不明ですが。。, 黒人女性という以外は、まったく似ていないと思います。寄せてもない。 相反する要素を備えているからこそ、人はダークヒーローにひきつけられるのかもしれない。 デニーロが最後に撃たれるシーンは、言い回しはおかしいかも知れないが”感慨深いもの”がありました。, 世の中の理不尽の底辺にある人間が、最強の犯罪者に育って行く。 今の世界と重なる節があるかも。 いずれも社会不安、弱者叩きが根底にあるエピソードでしたね。, これはもうDCユニバース映画ではなく、ジョーカーという仮面を被った現代に蘇るアメリカニューシネマ映画でした。 マダム・ジョーカーのあらすじ紹介 ... たとえばこんなラブ・ソングのあらすじやネタバレを書いています(感想もあり) 2020.11.12; しょっぴんブギのネタバレと感想や試し読みあり!結末が気になる! 日本で格差、格差と取り上げられるが、アメリカは洒落にならないレベル。 2019年10月4日 7分. バットマンファンでなくとも一度は見ておくべき映画です。, 最初は自身が見ていたジョーカーと違うのではないかと不安で、もし違ったら受け入れられるのだろうかと思っており、映画をみるのが遅くなったのを憶えています。 <レディ・ジョーカー>と名乗る5人の犯人は、競馬場で知り合い親しくなった男たち。小さな薬店の老店主、中年のトラック運転手、信用金庫の職員、町工場の若い旋盤工、下積みのノンキャリア刑事とい … 映画「ジョーカー」は、ホアキン・フェニックス主演、トッド・フィリップス監督の2019年の映画です。この映画「ジョーカー」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。「ジョーカー」は、なぜ誕生したのでしょうか? アメリカのDCコミックス『バットマン』をご存知であれば誰もが知るスーパーヴィラン(最強の悪役)「ジョーカー」。元々は心優しい青年がいかにして悪の代名詞とも呼ばれる存在に変異して行ったのか、その哀しくも恐ろしい過程を描いた本作は、公開前から様々な物議を醸しました。 よほど親しい相手じゃなければ写真の裏にあんなことは書かないだろうし、ましてや階級社会のアメリカでは、ただの使用人相手にするわけがない。, 市長選挙中の立場・今の家族にそれを隠したい気持ちが無ければ、アーサーを感情的にトイレで殴るような真似もしないと思う。 ひと目見てら違う女性という事がわかります。, コミックで言うと、ジョーカーは何度も逮捕され「アーカムアサイラム」という精神病院兼刑務所に入れられます。 全て母親だったと確信したからだろう。, チャップリンは言った。 映画「ジョーカー」のあらすじをネタバレ紹介!急展開のラストシーンの意味とは? 映画「ジョーカー」は世界中で多くの観客を熱狂させ、2019年を代表する映画になりました。本作は謎が多く、 一度観ただけではよく分からないことが多い のも事実です。 理由の積み重ねは映画の中で充分描かれていますけれども。, 映画の中では、混乱したゴッサムからバットマンとジョーカーが産まれました。 最高の映画でした, 今の時代故にこそ喝采が浴びせられたのだろう。 『ジョーカー』あらすじとネタバレなし感想と評価!映画を無料フル動画で見る方法は? まとめ この映画前後でジョーカーのような立場の人が事件を起こすことが多々あり、社会的な問題を見事にとらえた作品だと思います。 しかし、実際に見てみると、確かに従来のジョーカーとは違いますが、その違いが逆に良い、という自身の中で革命を起こした作品になりました。 印象に残ったのは、警察に連行されていくところを、暴動の群衆に助け出されボンネットに丁寧に寝かせられ、起き上がった所での大歓声 「レディ・ジョーカー」の面白さは、一筋縄ではいかない重厚なストーリー構成。あらすじからもわかる通り、複数の社会問題や経済事件が取り上げられ、その中で様々な立場の登場人物たちのエピソードが重層的に描かれていきます。 戦後の時代世相が読み取れる描写や登場キャラクターそれぞれの心情描写が厚く用意されており、筆量・ページ数はかなりのボリューム。上巻・中巻・下巻の3冊を合計すると1,512ページ(文庫の場合)。主な登場人物として32人が描かれます。 キャラクターが多いだけあっ … 映画『ジョーカー』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 原題:Joker 製作国:アメリカ(2019年) 日本公開日:2019年10月4日 監督:トッド・フィリップス バットマン は犯罪者を殺さない事が信念であり、ジョーカーもそこを知っていてそこの葛藤がまた2人の精神状態が描かれる、とてもダークな物語になっていきます。, つまり本作のラストはアーカムアサイラムに本作の事件後に収監されたジョーカーだと思われます。で、ここからジョーカーの物語が始まるのです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 家でゆっくりドラマや映画を見るのが大好きなAikumaです。ドラマ・映画のあらすじネタバレや感想に無料で動画を視聴する方法を紹介しています。記事へコメントいただけるとやる気UPします♪ダイエットやスキンケアなどの美容品を色々試すのも好きです!実際に使ってみた感想も紹介してます♪. 演技、演出が考え抜かれた映画。 しかしこれは悪のヒーロー。 カタルシスもない。, 彼はゴッサムの住人は思いやりがない、もしジョーカーが道に倒れていたら踏みつけて行くだろう、と言います。 何においても救いがなく、思春期ならば共感から抜けられなくなるのでは?と思ってしまった。 しかし、その度、彼の精神病という判定がなされて釈放されたり、彼の仲間や支持者によって助けられ脱獄を繰り返します。その後また血の気も失せるような犯罪を犯し、バットマン によってアーカムに戻され…を繰り返します。 ジョーカーは働いていた研究所を辞め、コメディアンに転職した。 DCコミックス「バットマン」最強の悪役が誕生した経緯を描いた作品の映画『ジョーカー』あらすじネタバレと感想。ラストの足跡の意味する結末とは?見どころ4点解説。2019年10月4日日 … 拳銃を渡した同僚やソーシャルカウンセラー(や、彼女を雇っていた市)は善意やできる範囲でジョーカーを助けようとしていました。 映画「ジョーカー」のあらすじをネタバレ紹介!急展開のラストシーンの意味とは? 映画「ジョーカー」は世界中で多くの観客を熱狂させ、2019年を代表する映画になりました。本作は謎が多く、 一度観ただけではよく分からないことが多い のも事実です。 今回は、「映画『ジョーカー』の簡単なあらすじとフル動画を無料視聴する方法について徹底解説!」と題してご紹介してまいりました。 それでは、今回はこの辺で。 関連記事:映画『ジョーカー』あらすじとネタバレ!俳優キャストや監督紹介! アメリカのdcコミックス『バットマン』をご存知であれば誰もが知るスーパーヴィラン(最強の悪役)「ジョーカー」。元々は心優しい青年がいかにして悪の代名詞とも呼ばれる存在に変異して行ったのか、その哀しくも恐ろしい過程を描いた本作は、公開前から様々な物議を醸しました。 まるで生まれ変わったようなアーサーは、同じアパートに住む美しいシングルマザー、ソフィー(ザジー・ビーツ)の唇を強引に奪って口説き、自分の出演するスタンドアップコメディショーに招待します。しかし、いざ自分の出番になると発作が治まらないアーサーのジョークに、客は無反応。ショーは失敗に終わります。 ところがこの見事なまでのスベリっぷりが人気トークショー番組の司会者マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)の目に止まり、アーサーは出演依頼を受けることになりまし … 当たり前ですが人は無制限に他者を助けることはできません。 そうなるとバットマンには兄がいて、実はそれがジョーカーだっていう裏設定は面白い。, 虚実入り混じる内容でアーサーがアイデンティティ・クライシスによって加速度的に壊れていく脚本が非常に上手いです。 アメコミで最も人気なヴィラン(悪役)が、主役となって登場。 今回は、映画『ジョーカー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。 映画『ジョーカー(Joker)』について また自分の権利を越えて他者を害することもおかしな話です。 アメコミで最も人気なヴィラン(悪役)が、主役となって登場。今回は、映画『ジョーカー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。 脚本は素晴らしく疑問符が浮かぶようなシーンがほぼ無い。非常に観やすい。 ジョーカーを主人公にしたスピンオフ映画「ジョーカー」の日本での公開日は、2019年10月4日(予定)です。ホアキン・フェニックス主演の新作映画「ジョーカー」は、果たしてどんな内容になるのでしょうか?あらすじ、キャスト、ネタバレ、予告編動画、 映画「ジョーカー」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。『バットマン』の悪役として有名なジョーカーの誕生物語。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。リヴァー・フェニックスの弟で、8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。 そういう点で視聴後に虚無感しか感じないのです。, 映画の中で「皮肉」がテーマとして扱われていることは理解できます。 © 2020 Aikuwaのドラマ・映画ネタバレ All rights reserved. 結果的には彼らはジョーカーの助けにはなりませんでした。 この記事には、映画『ジョーカー』の重大なネタバレが含まれています。必ず本編の鑑賞後にお読みください。 次のページ 【ネタバレ】ジョーカーのエンディングに秘められたもの 1 2 > B! アメリカやヨーロッパで評価されたのも肯ける内容でした, どん底の男がさらに不幸になると考えるか、全てから解放されて自由になると考えるかだね, 底辺にいる男が地獄を見る。 「レディ・ジョーカー」の面白さは、一筋縄ではいかない重厚なストーリー構成。あらすじからもわかる通り、複数の社会問題や経済事件が取り上げられ、その中で様々な立場の登場人物たちのエピソードが重層的に描かれていきます。 戦後の時代世相が読み取れる描写や登場キャラクターそれぞれの心情描写が厚く用意されており、筆量・ページ数はかなりのボリューム。上巻・中巻・下巻の3冊を合計すると1,512ページ(文庫の場合)。主な登場人物として32人が描かれます。 キャラクターが多いだけあっ … <レディ・ジョーカー>と名乗る5人の犯人は、競馬場で知り合い親しくなった男たち。小さな薬店の老店主、中年のトラック運転手、信用金庫の職員、町工場の若い旋盤工、下積みのノンキャリア刑事とい … 監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか, ここからは映画「ジョーカー」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 大都会ゴッサム・シティは腐臭が漂っていました。市の衛生局がストライキをおこなってゴミ収集を停止しているためです。街中ゴミがうず高く積み上げられ、強い生命力を持つネズミ、スーパーラットが現れて市民を悩ませていました。そしてそれは政治の機能不全の象徴でもありました。貧富の差は拡大、困窮した人々は暴力的になり何もかもが疲弊していました。, そんなゴッサム・シティに住むアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は貧しい道化師。所属するピエロ派遣サービス、ハハプロダクションから依頼されるわずかな仕事で細々と母親ペニー(フランセス・コンロイ)と2人で暮らしていました。, アーサーは脳と神経の損傷から、緊張すると笑いの発作に襲われる病気を患っていました。母親は心臓と精神を病み、30年も前に仕えていた大富豪トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)へ送った、助けを求める手紙の返事を待つ毎日。大変な生活ではありましたが、そんな中でもコメディアンになる夢がアーサーの心の支えとなっていました。, そんな中、アーサーを不幸が襲います。街の福祉予算の削減で、ソーシャルワーカーのカウンセリングと向精神薬の打ち切りが告げられました。さらには、ピエロ姿で閉店セールの宣伝をする仕事中、ストリートギャングの若者に袋叩きにされてしまいます。預かり物の宣伝看板も破壊されてしまい、会社からは仕事放棄の疑いをかけられ、さらには看板の弁償を求められたのです。落ち込むアーサーを同僚のランドルが慰めました。「これで身を守れ」そう言って差し出したのは紙袋に包まれた拳銃でした。しかしこれが裏目に出ることとなります。, 後日、小児病棟でのピエロ姿での仕事中、アーサーは誤って拳銃を床に落としてしまい、ハハプロダクションを即刻解雇されます。ランドルは自分が渡した拳銃であることを否定し、アーサーを裏切ることになります。こうしてアーサーは少しずつ追い詰められていきました。, ピエロ姿で着替える余裕もないままアーサーは地下鉄に乗りました。電車内ではトーマス・ウェインの会社で働く3人のエリート・ビジネスマンが女性に絡んでいました。その女性は視線でアーサーに助けを求めますが、ストレスのせいか発作の笑いが抑えられないアーサーをビジネスマンたちはからかい、さらに袋叩きに遭います。堪えられなくなったアーサーは拳銃を取り出し、彼らを射殺してしまいました。すべては衝動的な行動でした。, まるで生まれ変わったようなアーサーは、同じアパートに住む美しいシングルマザー、ソフィー(ザジー・ビーツ)の唇を強引に奪って口説き、自分の出演するスタンドアップコメディショーに招待します。しかし、いざ自分の出番になると発作が治まらないアーサーのジョークに、客は無反応。ショーは失敗に終わります。, ところがこの見事なまでのスベリっぷりが人気トークショー番組の司会者マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)の目に止まり、アーサーは出演依頼を受けることになりました。, 一方、アーサーの母ペニーは相変わらずトーマス・ウェインへの手紙を書き続けています。ある日のこと、アーサーはこの手紙の内容を目にしてしまいました。そこに書かれていたのは、アーサーがトーマス・ウェインの息子だという衝撃の内容でした。, アーサーは、トーマスに会って真実を確かめるためにウェイン邸へ行き、門越しの幼いブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ=オルソン)を相手に手品を見せて気を引きます。しかしそこへ執事のアルフレッド(ダグラス・ホッジ)が現れ、「おまえの母親はイカれてる」と追い返されてしまいます。, 後日、アーサーはトーマス・ウェインが鑑賞するサイレント映画の会場に現れ、トイレに立ったトーマスに近づきます。自分の父親であることを問うアーサーでしたが、トーマスは「自分は父親ではない、お前は母親が昔ウチで働いていた頃にもらわれてきた養子だ。」という衝撃の言葉を聞くことになります。それどころか顔面を殴られる始末です。, 自分が養子であるという言葉を忘れられず、アーサーはアーカム州立病院へ行き母ペニーの入院記録を調べると、自分は養子でそもそも母親と血縁関係にないこと、母親は精神疾患を患っていたこと、母の交際相手の男性がアーサーを虐待して脳に損傷を負わせたという事実が、当時の入院記録や新聞記事の切り抜きから判明しました。, アーサーがこれまで信じていた愛や絆はすべて幻想でした。脳卒中で入院している母ペニーを枕で押さえ込んで窒息死させ、どうすることもできなくなったアーサーはソフィーの家へ助けを求めました。しかしそこに現れたソフィーはアーサーの名前をかすかに覚えている程度でした。ソフィーとの関係はすべてアーサーの妄想だったのです。, ゴッサム・シティの貧しい者たちは、傲慢なビジネスマンを地下鉄で射殺した謎の道化師を英雄化し、富裕層への反発デモが街のあちこちで行われていました。それを見たアーサーに不敵な笑みが浮かびます。, アーサーが見つめているのは若かりし頃の母ペニーが写る写真。その写真の裏側にはメッセージと共に「TW」というイニシャルが。それはトーマス・ウェインからペニーへ親しみを込めて贈られた写真でした。まるで2人の関係が深く、アーサーの父親がトーマスあるという事実を暗示するかのようです。そしてアーサーはその写真を憎しみを込めて握りつぶすのでした。, ピエロのメイクをしているアーサーのもとへ、母ペニーが亡くなったことを心配して、同僚だったランドルと小人症のゲイリーが駆け付けました。アーサーを元気づけようとする2人でしたが、その場でアーサーは裏切り者のランドルの喉をハサミでかき切り、倒れた彼の頭を壁に何度も叩きつけて殺してしまいました。一方、唯一自分に優しくしてくれていたゲイリーをアーサーは見逃して帰すのでした。, ビジネスマン殺しの事情聴取のためアーサーを追う警察から逃れつつ、アーサーはマレー・フランクリン・ショーの楽屋へとやってきました。, 楽屋に現れたマレーに、ピエロのメイクと衣装で身を固めたアーサーは注文をつけました。「呼ぶのは本名ではなくジョーカー(冗談屋)と紹介してくれ」と。こうしてジョーカーとして生まれ変わった悲しい道化師アーサー。, マレー・フランクリン・ショーのスタジオに拍手で迎えられたのも束の間、ビジネスマン射殺の犯人は自分だと告白し、自分を笑いものにしようとしたマレーを恨んでいたジョーカーは拳銃を取り出すと、テレビの生放送中にマレーを射殺。ジョーカーとして最初の大舞台のショーで果たしたパフォーマンスは、ゴッサム・シティで暴徒化する市民をより一層白熱させました。, ウェイン一家3人は混乱する市街地から逃れようとするも、ピエロの仮面をかぶった暴漢に追い詰められ、トーマスと妻マーサは射殺されるのでした。そこには一人呆然と立ち尽くす幼いブルース・ウェイン(将来のバットマン)の姿がありました。, パトカーで連行されるジョーカー。市民はピエロの仮面をかぶり、不満を爆発させる。この光景にジョーカーは心が満たされていくのを感じた様子でした。, そこへ、ジョーカーの乗せられたパトカーに救急車が突っ込み、警官は瀕死、ピエロ仮面姿の男たちがジョーカーをパトカーから助け出します。車のボンネット上にジョーカーが立ちあがると、彼を取り囲み、まるで彼を英雄かのように讃える市民たちの姿がありました。, (ラストシーン)ジョーカーはアーカム州立病院へと収容されていました。手錠をかけられて小さな部屋でソーシャルワーカーのカウンセリングを受けていましたが、またしても笑いの発作が出てきます。どうしたのかと聞かれたジョーカーは「面白いジョークが浮かんだ。理解されないだろうけど。」と言います。しばらくするとジョーカーはダンスをしながら部屋を出てきました。ソーシャルワーカーを殺害したのか、ジョーカーが歩くあとには血にまみれた足跡が残されていました。, 音楽と共に鼓動が跳ねる引き込まれ様は、素晴らしかった。主人公(アーサー)の画像が大半を占める映像なのに飽きることなく、少しずつ壊れていく様子が表情や雰囲気からきちんと伝わってくる演技も見ものだ。 ストーリーとしては胸くそ悪!と思う方も居るだろう…正しくは無いんだろうが、一応アーサーは救われていると思う。, こんな悲惨な状況でも、自殺などせず、自分の人生を悲劇ではなく喜劇と受け止め、生きたいように生きていく。メークなしでもジョーカーに見えてきたラストが凄かった。, トーマスがアーサーを殴り倒したシーンで、アーサーが実子の可能性も?トーマスには記録改竄を出来るくらいの力は十分にある。とすれば、ブルース・ウェイン=バットマンとジョーカーは異母兄弟ということになり、これまた凄いことになる。, エリート証券マン3人のクズっぷり。公共の場での泥酔で逮捕されるアメリカ、銃社会アメリカが良く分かる。, あの若かりし頃の母親の写真裏の書き込みと、TWの署名シーンで、やはりアーサーはトーマス・ウェインの実子(隠し子)だったんだろうなと思った。 ただアメリカは貧しい国からの移民がどんどん入って来たりして、格差が増えてるのもあるとは思うけど…, 心優しい道化の青年が悪のカリスマとなり、バットマンとの因縁が 暴動なんて無縁の日本じゃこれを観ても、社会が生み出した悪とは捉えられないかも。 ジョーカーの行動はあまりに衝動的で納得できません。 生まれた過程が丁寧に描かれていた。 大方はこんな感じのあらすじでした。 重要な要素はこれに加えて母親の看病をしながら二人で暮らしているということ、アーサーは過去に病院にいたということ、マーレイ・フランクリンのバラエティ番組が大好きだということあたりですかね。 あと辛い時とかに笑う発作が出てしまうってのもキーワードですね。 上流階級と下流の格差が激しく、犯罪・失業・貧困に見舞われている1981年のゴッサムシティ。 後にジョーカーを名乗るアーサー・フレックは、ハーハと呼ばれる会社で依頼を受けて派遣されるピエロとして働いています。 ハーハ会社の仕事はピエロ姿でダンスをしたり店舗の宣伝に貢献したりすること … あらすじを観て興味を覚えて鑑賞。善悪について考えるに示唆的な内容でありそうな気がした。その通りの内容だったので、とても満足できた。アーサーがジョーカーになる過程を描くことで、人間は全員、全員が善人でも悪人でもあるのだということを示唆しているところが素晴らしい。 この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、dc映画シリーズとdceu一覧も参考にしてください。 私の評価 ★★★★★ 74 /100(60が平均) [レビューサイト評価↑]. 映画『ジョーカー』あらすじ完全ネタバレ あらすじ1:社会的弱者アーサー 精神病院から出たアーサー( ホアキン・フェニックス )は、市が運営するカウンセリングを受け薬を飲みながら、イベントのピエロとして働いていた。 映画「ジョーカー」のあらすじとネタバレを解説しました! 彼がジョーカーになった理由に、同情できてしまう内容でした。 彼だけが悪いのではなく、社会が悪かったように感じました。 映画『1917 命をかけた伝令』あらすじと考察(ネタバレあり)なぜ嘘をついてまでワンカットにこだわったのか? 『1917 命をかけた伝令』作品概要 公開日(日本):2020年2月14日 監督:サム・メンデス キャスト: スコフィールド上等兵(ジョージ・マッケイ) ブレイク上等兵( … 格差の激しいところでは、多々起きてるだろう話。 『ジョーカー』ネタバレ有のあらすじ詳細 『キング・オブ・コメディ』との繋がり 現実と妄想の境界線 ジョーカーは他に存在する説とバットマンとの繋がり ヒースレジャーのジョーカーとの繋がり ラストでジョーカーが呟いた「ジョーク」の意味 云いたいことは山のようにあるらしく、こちらもそれを受け止めなければいけないというしんどい状況になりがちだけどリバーフェニックスの弟はうまい芝居で映画の中に入り込ませてくれた。 映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館ならびにあらすじ・ネタバレ・感想・結末・評価について記載してます。本映画はいま世界中で話題沸騰になっています。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得しています。 2020年5月2日発売のJourすてきな主婦たち 2020年6月号の最新話を読みました!マダム・ジョーカー【第87話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。マダム・ジョーカーを無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。 人生はクローズアップして見れば悲劇で、ロングに引いて見れば喜劇だ、と。 第92回米アカデミー賞の主演男優賞を『ジョーカー(Joker)』でジョーカー役を演じたホアキン・フェニックスが受賞しました。今回は彼が主演の映画『ジョーカー(Joker)』のあらすじ、キャスト、ネタバレ、口コミ、動画配信サービスについて紹介します! ジョーカーのあらすじネタバレ内容 主人公のアーサーは高齢の 母親・ペニー をの介護をしながら、 道化師のアルバイト で貧しい生活を続けていました。 ホアキン・フェニックスは上手い。, 全て見ればわかる。 ジョーカー スタッフ&キャスト あらすじ【ネタばれあり】』 ジョーカーと言えばアメコミの代表的な作品「バットマン」シリーズの悪役ですが、 「ダークナイト」以来、何かと複雑でカリスマ性のある悪役として人気を博しています。 監督や主演ホアキンフェニックスと他キャストと賞 あらすじ 「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。 光が燦燦と降り注ぐ感じの中、病院の廊下を意気揚々と踊りながら去っていくところが強烈だった。 1 【ジョーカー】感想やあらすじネタバレ内容まとめ! 1.1 映画【joker】を見た感想は一言で「狂気」だった; 1.2 ジョーカーのあらすじネタバレ内容; 2 【ジョーカー】ラスト結末について解説. ここでは、映画『ジョーカー』の監督、トッド・フィリップス監督についてご紹介してまいります。 ニューヨーク大学で映画を学んで、在学中にパンクロッカーのGGアリンをテーマとしたドキュメンタリー映画『全身ハードコア GGアリン』を監督したことで、成功を収めていらっしゃる方ですね。 日本では殆どの作品は公開・DVDなどもリリースされていないです。 この映画『ジョーカー』ではかなり地名度がアップしそうですね。 スポンサーリンク おどろおどろした中で救われるのが音楽。この音楽が無かったらこの映画はもっとただ暗い思い映画で終わる。 今回は、映画『ジョーカー』のあらすじとネタバレありでラスト・結末シーンの謎を解説・考察していきたいと思います!, ジョーカー映画のあらすじやネタバレ、精神病院での最後のシーンの謎考察をまとめたので、これから観る予定の方も、もう観たよという方もぜひ参考にしてください。, それを体現すべく路上で大道芸を披露し、ゆくゆくは世界に笑いを届けたい、と純粋に願う青年だった。, 「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」というモノローグが名曲スマイルをバックに語られる。, 純粋な心を持った孤独な男が、世界から虐げられ、心を病み、”狂気の犯罪王子”ジョーカーになるまでの物語。, 予告動画を見ただけでジョーカーが異常なまでに笑いだしたりと奇怪な行動が徐々に増えて壊れていく姿に恐怖を感じますね。, 個性派俳優として有名なホアキンフェニックスが怪物ジョーカーをどう演じるのか本編が待ち遠しいです。, 「ジョーカー」を。「一生見てたい。終わらないでくれ」と心から願った。壮絶に美しい映画。デニーロの「タクシードライバー」、Mダグラスの「フォーリングダウン」のような、孤独と絶望の末に狂気の花を咲かせる男一代暗黒物語。70年代米国の暴力と荒廃の香り。狂い咲きホアキンに魂持ってかれた。 pic.twitter.com/tbGVkPB4VG, — 深町秋生・新刊「PO守護神の槍」 (@ash0966) October 4, 2019, ゴッサムシティで大道芸の派遣会社に努める彼は、今日はある電気屋の閉店セールを盛り上げるピエロとして働いていた。, しかし、持っていた看板を不良少年に取られ、アーサーは必死になって追いかけるが終いには暴行されてしまうのだった。, 病院で面談を受けるアーサーは、僕はコメディアンになりたいんだと女性相談員に打ち明ける。, アーサーは昔病院で監禁されるほどの重症患者(おそらく精神疾患)で、今は大量の薬とこの面談で何とか持ちこたえているのだった。, また、彼には「笑いが止まらない」という(自称)病気を持っていて、何かにつけて笑い出し止められなくなってしまうのだ。, 「彼が私たちを救ってくれるわ」と母は言い続けていたが、待てど暮らせどウェインからの手紙は来ないままなのであった。, 司会のマレーはアーサーの憧れのコメディアンで、いつかこの番組に出ることを夢見るアーサーだった。, 次の日仕事場に行くと、ランドルという同僚が不良から暴行を受けたことを知って銃を渡してくれた。, 同じアパートのソフィーという女性でエレベーターで少し話したのだが、彼は翌日彼女を仕事場までストーキングしてしまうのだった。, 次の日アーサーの部屋を訪れたソフィーは「あなた私をつけていたでしょ」と言うが、ソフィーは笑って受け入れてくれたのだった。, アーサーはコメディアンになるという夢のため、ノートを持ってコメディショーに行ってはそのジョークの勉強をしているのだった。, ある日の仕事は、小児科の慰問で、ピエロ姿で子供達を笑わせていたが、先日ランドルからもらった銃を誤って落としてしまう。, それが原因で会社をクビになるのだが、ランドルは「アーサーに頼まれて売った」と嘘をつきアーサーを裏切るのだった。, 男性3人はアーサーの方を向き、ちょっかいを出し始め終いには蹴る殴るの暴力をしてきたのだった。, 暴力を受けたアーサーは持っていた拳銃で3人を殺し、ダッシュで地下鉄から逃げるのだった。, 次の日、地下鉄殺人事件はニュースになっており、トーマス・ウェインがテレビに出ていた。, 彼は次の市長選挙に出馬予定の資産家で、アーサーの母は昔ウェインの家で働いていたのだった。, アーサーが昨日殺した3人はウェインの会社の社員でエリートだったため、ウェインは「仮面なしでは殺人もできないやつ」と皮肉を言うのだが、, エリート(富裕層)をよく思っていない貧困層には地下鉄殺人のピエロはヒーローとなっていた。, アーサーは母に問いただし、過去に母とウェインは恋に落ち子供ができたが家柄的によろしくないと捨てられたと言う話を聞いた。, 父に見放されたと言うショックのためか、次の日アーサーはウェイン宅に向かいウェインの子供に話しかける。, それを見ていた執事に母のことを話すと急に顔色を変え、「何もなかった」の一点張りなのであった。, 病院で母の治療を待っていると、二人の警官が現れ「拳銃所持と地下鉄殺人の件」で話を聞かれる。, 警察はアーサーが犯人なのではないかと疑っている様子だったが、その場ではアーサーはうまく言い逃れたのだった。, 先日やっていたコメディアンショーのテープが流され、”ジョーカー”と紹介されていた。, アーサーは感激するが、司会のマレーはアーサーのジョークをネタにし笑いにしてしまったのだった。, 殺人ピエロは貧困層の間でかなりムーブメントを起こしており、富裕層の集まるシアターではピエロのお面をかぶった多くの人たちが「金持ちを殺せ」「ウェインを殺せ」と暴動を起こしていた。, ボーイに変装したアーサーは、シアターで上映されているチャップリンを見ながら笑い、ウェインの行動を監視していた。, 「別にあなたにあって困らそうという気は無い。パパのハグが欲しいだけなんだよ。」と言うが, アーサーは、母を屈辱され納得しなかったが、終いにはウェインに殴られ家に帰宅するのだった。, 家に帰ったアーサーは、「マレー・フランクリンショー」からの出演オファーを受け取る。, その間にアーサーは、アーカム市立病院へ赴き、ウェインの言っていることが正しいのか検証するため母の昔のカルテを見せてもらいにきていた。, するとそこには、自分は養子であること、母は妄想性障害があること、幼い自分は母の恋人から虐待を受け母もそれを黙認していたことなどを知ってしまう。, するとソフィーは血相を変えて「早く出てって、あなた確かアーサーっていう人よね」と叫ぶ。, 「マレー・フランクリンショー」に出演するため、挨拶の練習をしたりピエロの化粧をしていると元同僚の二人がやってくる。, 彼らも警察から事情を聴取されており、何を聞かれたのかアーサーに聞きにきたのだった。, 「マレー・フランクリンショー」に向かうさなか、刑事がアーサーを止めようとし必死に逃げるアーサーは、ある電車に乗り込む。, そこには殺人ピエロ信者のデモ隊が乗っており、乗客スペてピエロのお面か化粧をしていた。, 同じくピエロの化粧をしていたアーサーはその中に紛れ込み、無事にショー会場に着くのだった。, 初めてマレー・フランクリンと対面したアーサーは感激の言葉を述べ、最後に「私をジョーカーと紹介してください」と頼む。, ジョーカーとして紹介されテレビの舞台に上がったアーサーは、マレーから新しいネタをやれと言われ, 最初はジョークだと思っていたマレーやスタッフ、観客だがそうでは無いことに気づき始め、, 「誰も他人のことを考えない。3人死んでニュースになっても、僕が道端で死んでたら皆踏みつけるだろう。自分を偽るのはもうやめたんだ。僕には守るものも失うものももう無い。」, その後すぐに警察に逮捕されたアーサーは、パトカーの窓から暴動を起こしているピエロを見て笑っていた。, 消費税増税が始まった週末に『ジョーカー』が公開されるの本当にすごいタイミングだと思う。主人公の心が壊れるきっかけの一つが社会保障の切り捨てなんですよ。 pic.twitter.com/pMSZvYNRvN, — ビニールタッキー (@vinyl_tackey) October 1, 2019, 時系列をそのまま見るとこの考察があっているのではないかと思いますが、まずアーサーは逮捕はされたが(事故によって)そこから逃げ出しているので捕まっていないのです。, また、女性面談員は映画冒頭と同じ面談員で、映画中盤で面談は中断されてしまうので彼女が出てくるということもないのかなと思います。, しかし、実際にジョーカーは誕生しバットマンと対決しているので全てアーサーの妄想というオチはないと思います。, ですので、このシーンは時系列でいうとかなり前でアーサーが精神病院で監禁されていた頃の記憶という考察ができます。, この面談は映画中盤で閉鎖されてしまうので、過去の記憶をここにラストシーンに入れたというのも納得できます。, ウェインとその妻と息子の映像はアーサーの妄想であり、これから起こることの予言なのではないかとも捉えることができると思います。, 実際にはこのラストシーンがどういった意味を示しているのかはわかりませんが印象的なシーンであることは間違いないです。, 映画の中では悪人だが、主役のホアキン・フェニックスは実は超優しい人。動物を守るために3歳の時にヴィーガンになって、ずっと動物愛護の活動を頑張ってきたんだ。, 「人間は動物に優しくして、失うもの何もない」と pic.twitter.com/xFylHcRE6v, 映画館の大きなスクリーンで見ると、ジョーカーは狂った凶悪犯ながらもとてもかっこよく見えてしまいます。, 映画冒頭から、アーサーがどんな立場で、社会に抑圧されて、頼れる人に裏切られて、ということを見ているのでアーサーに感情移入してしまうという面もあるのですが、, ジョーカーとして生きることを決めた瞬間からの、映画の演出や音楽がかなり凝っていて、, いかにジョーカーがかっこいい存在なのかということを私たちに訴えかけているようにも感じました。, 音楽は、皆一度なら聞いたことのある愉快な音楽(チャップリンのスマイルなど)から、ジョーカーの邪悪さを表す低い低音が響く音楽など種類も豊富で、すでにサントラが欲しいです(笑), アーサーが妄想性疾患を持っているため、どこまでが妄想でどこまでが現実なのかわかりづらい部分もありましたが、とても楽しめる映画でした。, 『シャイニング』で狂った父親役を演じたジャック・ニコルソンが、当時の観客(特に女性)から圧倒的な人気を得たのと同じように、このホアキン・フェニックスも男性はもちろん、女性からも人気が出そうです!, (ちなみに、ジャック・ニコルソンは『バットマン』(1989)でジョーカー役を演じています), 映画を視聴した方もまだ見ていない方も見てほしい映画「ジョーカー」の注目ポイント3つをまとめました。, ジョーカーは、DCコミックスのスーパーヒーロー『バットマン』のスーパーヴィラン(悪役)です。, なんと、1940年には登場している、非常に歴史とともに人気のあるヴィランで、ヴィジュアルイメージは、白塗りの顔、緑色の髪の毛、裂けた真っ赤な唇で、紫のスーツ、ネクタイ、カラフルなシャツ、手袋を着用していることが多いです。, ヴィランの中では特殊能力を持たず、同じく特殊能力を持たないヒーローのバットマンとライバルとして対をなす存在で、カミソリつきトランプ、有毒物質の調合、兵器の開発と、化学の専門知識を駆使してゴッサムシティの人々を恐怖に陥れ、バットマンと戦います。, 近年でもティム・バートン監督の『バットマン(1989)』ではジャック・ニコルソンが、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト(2008)』ではヒース・レジャーがジョーカーを演じ、特にヒース・レジャーは入り込みすぎたことが死因になったとも噂された凄みのある演技で、死後にアカデミー賞の助演男優賞を受賞しています。, ちなみに全編レゴで作られ、キャラクター、背景、美術など全てレゴで作られた異色作『レゴ・バットマン』でのジョーカーは、バットマンが自分のことを宿命のライバルだと認めるまで、絡み続けるウザ可愛キャラとして登場していました。, 過去のジョーカーに共通しているのは、サイコパスで、バットマンを殺すことが目的なのではなく、舞台となるゴッサムシティの人々を恐怖に陥れることこそを目的としていることです。, また、自分がなぜジョーカーになったかについてあれこれ語るけれど、どれが真実かは煙に巻いて実態をつかませない、ということです。, 本作はこれまで謎とされていた「ジョーカーがジョーカーになるまで」のリアルなストーリー。これまでにない試みです。, そもそもは「人を笑わせたい」と願う大道芸人だったアーサーが、なぜ、“狂気の犯罪王子”とも呼ばれる、バットマン最強のヴィランになったのでしょうか。, US版の予告動画ではアーサーが路上で大道芸を披露していると、若者たちの妨害に遭い、奪われた大道芸の道具を取り返そうと追いかけると、返り討ちにひどい暴力を受けるシーンや、地下鉄でジョーカーメイクをして座っていると、乗り合わせたビジネスマンに因縁をつけられ、やはり暴力をふるわれるシーンが出てきます。, また、バットマンファンにはおなじみ、ヴィラン達を収容するアサイラム精神病院と関連するとおぼしき「アーカム州立病院」でカウンセリングや治療を受ける様子も見受けられます。, 純粋な魂ゆえに狂った世界に対抗するために、自分も進んで狂気に飛び込んでいき、ジョーカーと変貌していったのかもしれませんね。, 今回のジョーカー誕生の物語を考えるヒントとして欠かせないのが、巨匠マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デニーロ主演の『タクシー・ドライバー(1976)』や『キング・オブ・コメディ(1982)』の2本です。, 本作の脚本・監督を務めたトッド・フィリップスは、イギリスの雑誌Empire誌のインタビューで、『タクシー・ドライバー』や『キング・オブ・コメディ』の影響を受けている、とその2作の主演であり、本作でも主要出演者であるロバート・デニーロに対して話したことを明らかにしています。, どちらも孤独で疎外感を感じている青年が、「自分なりの善」を突き通した結果、世界と敵対して暴力を爆発させるストーリーです。また、本作は、あえてコミックを意識せずに独自のオリジンストーリーとして執筆されたとのこと。, そのことを踏まえると、「自分なりの善」を信じたアーサー・フレックが、人々から笑顔を奪おうとしている社会そのものと対立し、「笑いと恐怖は紙一重」として、大きすぎる恐怖は笑いに通じるとばかりに変貌を遂げ、彼なりのロジックで恐怖の救済を行なっていくのではないでしょうか。, 彼は2008年に突如俳優を引退し、ラッパーになると宣言し、数々の奇行を繰り広げたのですが、引退後の彼に密着したドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』を2010年に突然発表。なんと、全てがフェイクで、壮大な悪戯だったことを明かして、ハリウッドから相当な批判を浴びたお騒がせセレブでもあります。, その後は持ち前の演技力で、映画界に見事に復帰していますが、複雑な内面を持った、孤独な魂を持った男を演じるのにうってつけです。, また、『キング・オブ・コメディ』で自身が誘拐する人気コメディアンのような役どころでキャスティングされているロバート・デニーロ。, 当代きっての名優二人が、アメコミ映画の枠に収まらない、重厚なストーリーのもと繰り広げる演技合戦が楽しみです。, 純粋な魂を持つがゆえに社会から疎外され、孤独を拗らせていき、狂気へとひた走る破滅のストーリー。名優デニーロも感心したという脚本と世界観。, アーサーのソーシャルワーカーと最後のシーンで登場するアーカムの精神科医は似ていますが実は別の人によって演じられています。前者がSharon Washington,後者がApril Graceという女優です。 2.1 ラスト結末の街中に溢れるピエロのシーンが衝撃 映画「ジョーカー」は、ホアキン・フェニックス主演、トッド・フィリップス監督の2019年の映画です。この映画「ジョーカー」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。「ジョーカー」は、なぜ誕生したのでしょうか? 『ジョーカー』あらすじとネタバレなし感想と評価!映画を無料フル動画で見る方法は? まとめ. バットマンでおなじみのキャラクター、ジョーカー。彼は本当に悪のカリスマなのか。謎が残るエンディングについて、ネタバレありのあらすじとともに考察をしていきます。本当に怖いのはジョーカーなのか、それとも? ジョーカーがゴッサム市民のヒーローとなる展開は「狼たちの午後」、唯一優しかったゲイリーを見逃すシーンは実話の津山三十人殺しを彷彿とさせました。 しかしジョーカーの人生がどんなに悲惨だったとしても、殺人や犯罪は間違いだ。 元々アレだったが、一般人はもう子供を大学に行かせられなくなってる程。 【ネタバレ】『ジョーカー』未公開シーンが判明 ─ ホアキン・フェニックスが気に入った場面もカットされていた 【ネタバレ】『ジョーカー』クライマックス、なぜアーサーは したか ─ ホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス監督が解説 あれだけ母思いだったのに、母を殺したのも、自分の不幸の元凶が 母の偽装だと解釈したのだが? ホアキン・フェニックスの演技がリアリティを持ってきて、それと同時にコメディを思い起こさせるダンスであったり、貧困にあえぐ人々の辛さとずるがしこさ、そこからくる社会の不安や不満すべてを混ぜて、それでいて美しいという感想が出てくる映画でした。人々を巻き込んでいくジョーカーとして、新たなジョーカーとして私の中ではすぐに浸透したのも印象的です。, 終始タクシードライバーと比較してしまう自分がいました。 dcコミックス「バットマン」最強の悪役が誕生した経緯を描いた作品の映画『ジョーカー』あらすじネタバレと感想。ラストの足跡の意味する結末とは?見どころ4点解説。2019年10月4日日米同時公開作 映画『ジョーカー』あらすじ完全ネタバレ あらすじ1:社会的弱者アーサー 精神病院から出たアーサー( ホアキン・フェニックス )は、市が運営するカウンセリングを受け薬を飲みながら、イベントのピエロとして働いていた。 ネタバレ感想『ジョーカー』考察や評価レビュー. 無理なくストーリーに詰め込まれて、演技・演出も最高だった。 最後に、母の若かりし頃の写真の話だが、私は皆さんとは違って、それすら 『ジョーカー』や『ハーレークイン』などスピンオフ作品が話題となった映画バットマンシリーズですが、その始まりは1989年にさかのぼります。今回はシリーズ第一作となる映画『バットマン』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてまとめました。

ん 元の漢字 読み方, 世界で一番、俺が○○ ネタバレ 39, ジャニーズwest 証拠 特設サイト, Fgo ボックスガチャ 何箱, タウンwifi By Gmo 評判,